ホワイトペーパー
#
人事制度の違いとは何か、そこから導かれる「日本型」タレントマネジメントのあり方とは。
#
定量的データだけでなく、他社事例をふんだんに盛り込んだ全36ページの最新レポート。
#
Works Human Intelligenceのグローバルタレントマネジメントシステムは、 世界中の社員情報を集約・可視化するとともに、計画的な幹部人材の育成と社員の自発的な学習を促進します。 弊社独自の調査結果に基づき明らかになったこれらの課題と、解決策をまとめました。
#
2019年4月1日から施行された働き方改革関連法により、従来の勤怠管理を見直す必要性に迫られる企業が増えています。働き方改革関連法のポイントをまとめ、他社がいかにして勤怠管理体制を強化しているかをまとめた事例集です。
#
企業で使用するシステムの数は年々増加傾向にあります。ID管理を効率的にかつ内部統制上リスクを排除する当社のID管理システムの活用事例をご紹介します。
#
優秀な人材を採用するための競争が激化していく中では、採用すべき人材の特徴の把握、リソース配分の最適化などの観点が必須です。本書では、当社のお客様がどのような手法で採用活動の工夫を図っているのかを紹介します。
トレンドブログ
#
短時間でシステム選定のいろはを習得できると好評を博し、毎回多くの参加者が集うWorks Human Intelligence主催セミナー「基礎から学ぶ システム選定の手順」。本記事では特別に、システム選定セミナーのハイライトをご紹介します。
#
クラウドサービスは便利ではありますがインターネット上に情報を置いており、実質誰でもどこからでも使えてしまうため、情報漏洩のリスクがあります。 企業がリスクを回避するために必要なことは何でしょうか。 本記事では、IDaaSの基本知識についてご紹介します。
#
最近耳にすることの多くなった1on1。1on1とはいったい何なのか? 実施しているところはどのように取り入れているのか? どうすれば有意義なものにできるのか? 本記事では、事例を織り交ぜながら1on1について解説します。
#
いよいよ来年夏に開催が迫ってきた、東京オリンピック。 ただし、そこに潜む落とし穴。それは、「朝の通勤電車」です。 この問題はどのように回避していけばよいのでしょうか。
#
働き方改革の一環として来年から施行される、同一労働同一賃金の法制化。就業規則や採用形態、各種手当の見直しなど、企業に与える影響は多岐にわたります。本記事では、同一労働同一賃金概要や、対応手順、各企業の対応状況についてご紹介いたします。
#
とうとう効力の発生から半年を切った、電子申請義務化。特定の法人に対し、社会保険・労働保険に関する一部の手続きにおいて電子申請が義務化されますが、準備は着実に進んでいるでしょうか。本記事では、半年後に控えた電子申請義務化への対応に向けどのような対応が必要になるのか、いま一度振り返ってみようと思います。
#
年々激化する採用市場。採用活動を成功させるには、流行りの採用手法をむやみに選択するのではなく、自社の採用活動へのニーズを明確にしニーズに適した採用手法を選択することが重要です。
#
異動業務のシステム化は人事部の労力を手助けする一つの手段ですが、複雑性・専門性が強くシステム化しにくい領域であることも事実です。そこで今回は様々ある人事部の異動業務のうち、どのような業務をシステム化すべきなのかを考えてみたいと思います。
#
タレントマネジメントの導入には「タレントマネジメント」の言葉の定義と、欧米人事と日本人事の違いを把握することが必要不可欠です。その上で、効果的な施策を取り入れていくことがタレントマネジメント成功の近道になります。
#
パッケージ導入の失敗事例の多くは、「業務の洗い出し不足」「業務の見直し不足」「導入効果の評価不足」の3つの「不足」に集約することができます。では、こういった「不足」は、どのように防ぐことができるのでしょうか。
#
ジョブローテーションの実施は「ジェネラリストの育成」「従業員の適正職種の見極め」など、多くのメリットが存在する一方で、思わぬ落とし穴も存在します。ジョブローテーションを成功させる一つの方法に、「システム活用」が挙げられます。
#
市場には様々なタレントマネジメントシステムが存在します。その中で、自社に最も合うタレントマネジメントシステムはどれか、どのような機能をもつシステムを選ぶべきなのか、という判断は容易ではありません。
#
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」、いわゆる「働き方改革関連法案」が2018年5月31日に衆議院で、同年6月29日には参議院でそれぞれ可決され、成立しました。