現代社会を取り巻く環境は大変革の時代を迎えています。AIやロボティクスなどの新技術の急激な発展による産業構造の変化に加え、労働人口減少と未知の病原体への対策による労働構造の変化は、いままでの「はたらく」の常識を破壊し、これからの時代の新しい常識を作り出そうとしています。価値観の画一性と多様性、人間関係の情と理、ピラミッド組織とネットワーク組織、オフィス勤務と在宅勤務、紙・ハンコとデジタル。このような変化の渦においてこそ、当社のミッションである『複雑化、多様化する社会課題を、人の知恵を結集し解決することで「はたらく」を楽しくする』が重要な意義をもつと確信しています。

 この変化の時代への対応力こそ当社の強みであります。主力製品である「COMPANY」は、多様な産業構造で構成される日本企業のもつ業務の知見を1つのシステムに統合し、外部環境と内部環境の変化を同時に吸収し続け、常に新たな時代に対応するシステムへと進化を遂げています。1996年の誕生以来、大手1,100企業グループ・公共事業体の人事・給与・労務を支えるインフラとしての責任を重く受け止め、これまで以上に製品・サービスを進化させ、社会課題の解決に役割を果たすソートリーダーとしてHRテック業界をけん引してまいります。

 また、当社には若くエネルギーにあふれた社員が多く在籍しています。エネルギーはこれから訪れる新しい社会への情熱を生み、情熱が「はたらく」ことの意義と楽しみを創ります。社員が情熱をもって成長し続ける環境を作り、われわれが最も「はたらく」を楽しめる会社を目指してまいります。

 最後に、私は2つの「あたま」を大事にしています。1つ目は「あたま=知恵(Intelligence)」です。社名にもあるように、AIやロボットに代替されない人の知恵こそがこれからの時代に重要です。私自身も存分に知恵を絞って経営に取り組んでまいります。2つ目が「あかるく・たのしく・まえむきに」の頭文字を取った「あたま」です。社会人5年目に出会い、生涯の師と尊敬する方から教えていただき、今も常に心がけています。現在の多様で不確実性に満ちた経済環境を2つの「あたま」で乗りこえ、お客様の成功および社会の発展、そして社員の成長と幸せを実現していく所存です。

株式会社Works Human Intelligence
代表取締役社長最高経営責任者

anzai-sign.png