2019年6月21日付「会社分割(吸収分割)及び新設会社株式の譲渡に関するお知らせ」にて、株式会社ワークスアプリケーションズのHR領域事業を会社分割(吸収分割)により新会社へ承継し、米国投資ファンドのBain Capital Private Equity, LP(そのグループを含み、以下、「ベインキャピタル」)が間接的に所有する特別目的会社に譲渡する旨を公表しておりましたが、本日8月1日付で譲渡が完了し、新会社は「株式会社Works Human Intelligence」として事業を開始し、新たなスタートをきりましたのでお知らせいたします。

事業の開始にあたり、代表取締役最高経営責任者の石川芳郎は以下のようにコメントしております。

“紀元前の時代から、技術の進化によって社会や組織のあり方は変化してきました。現在、AI やIoT、ロボティクス等の新しい技術の広がりは、20 世紀までの常識を破壊し、これからの時代の新しい常識を作り出そうとしています。地域や国家、業界、企業組織、価値観などこれまで明確だった境界線が再定義される、多様性と不確実性に満ちた世界が迫っています。そのような世界において、日本の企業・法人がこれからの時代に求められる関係性とはどのようなかたちとなるのでしょうか。

1つ言えることは、このような局面においても、それを解釈し、順応し、新しい時代を作っていくのは人間であるということです。新しい技術を生み出し、社会や組織のあり方を変えていく人智(Human Intelligence)こそが何より重要であると考えています。

当社は、1996年に設立された株式会社ワークスアプリケーションズが23年にわたり培ってきた事業を継承し、日本の大手企業・法人の人材マネジメントを最適化することで、人智を最大限に向上させることを目的に設立されました。人事システムのリーディングカンパニーとして、また、1,100社以上の大手企業・法人のお客様の声に応え、技術・法制度・組織の変化に永続的に対応できる製品とサービスを生み出し続けることを目指しています。

当社の経営陣および従業員は、「顧客価値創造(カスタマーサクセス)」「対話」「責任」「革新」の4つを共通価値として、お客様の変革を支えてまいります。”

今後、幅広い業界で投資経験を有し、投資先の成長を支援してきたベインキャピタルの知見を生かし、高度なガバナンスと収益性を両立させる持続的な事業運営体制を構築いたします。また、主力であるソフトウェア事業に留まらず、これまで培ってきた人事業務の知見を活かしたアウトソーシングサービス及びプロフェッショナルサービス等、事業の拡大にも取組んでまいります。

会社概要はこちら

 

* 会社名はそれぞれ各社の商標又は登録商標です。また、「HUE」は株式会社ワークスアプリケーションズの商標又は登録商標、「COMPANY」は当社の商標又は登録商標ですが、一定期間相互に使用を許諾しております。
* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更又は撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

この記事に関するお問い合わせ先

株式会社Works Human Intelligence
経営企画(担当:伊藤、松本)

TEL:03-5575-5277 FAX:03-5575-5261 E-mail:corporate-pr@works-hi.co.jp